2015年06月01日

結果を出すには期限を設けた目標が必要

本日5月31日は、関東でも関西でも肉体を競う大会があり、しかも、ボディービル、
フィジーク、ベストボディと複数の大会があり、大会をはしごをしたと言っていた
人もちらほらいました。

そして、観客の一人として大会を観戦した知り合いは、やっぱり大会に出てくる人
の身体は違うと、至極当たり前のことを言っていました。

私が思うに、身体を変えるのに最も効果的なのは、ボディビルでもフィジークでも
ベストボディでも何でもいいですが、実際に大会にエントリーしちゃうことです。

早い話、芸人の春日さんの真似をすればいいわけです。

エントリーしちゃうと後戻りができませんし、24時間大会のことが頭から離れない
ため、ストイックにトレーニングに食事にと邁進できる可能性が非常に高いです。

あるパーソナルトレーナーの方が今年は大会に出ずに経営に専念すると言っていま
したが、大会に出ないためか、自身のトレーニングは疎かになってしまったのでし
ょう、弛んだ身体になっていました。

やっぱり、大会を目指す、常に現役でいる、これが、身体をシェイプした状態に
キープするために大切なことのようです。

私ごとで恐縮ですが、私は今、英語をガリ勉しています。でも、モチベーションが
なかなか高止まりしてくれませんでしたので、思い切って、2ヶ月に1度、TOEICの
試験を自らに課すことにしました。すると、どうでしょう、頭からTOEICのことが
離れないんです。そして、勉強時間も増えて、集中して勉強できるようになりま
した。そして、TOEICの試験を終えて、自らの不甲斐なさに腹が立って、翌日から
の勉強がより一層身が入りました。

よく、何かを成し遂げるためには期限を設けた目標が必要だと言われます。
身体づくりであれば大会日を、英語であれば各種試験日をゴールに据えれば、
少しは結果がついてくるのではないかと思います。

身体を変えたい方、大会に出られることを私は激しくお勧めします!
posted by 小幡聡 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。