2015年06月20日

一部位至上主義

何でもそうですが、短期間で結果が出ると嬉しくて継続できますよね。なかなかそうはいかないんだよ〜〜〜との声が聞こえてきそうですが、短期間で結果を出して、俺でも、私でも、やればできるぞ!と思いたいですよね。
そこで、短期間で結果を出すために、一部位に限って集中してやるってのはどうでしょう。
私の場合、17歳でジムに入会して、アルバイトのスタッフが作ってくれたトレーニングメニューを満遍なくやっていましたが、全然結果が出ずに投げ出しそうになりました。そんな時、ジムにいたベンチプレッサーの方のありえなく盛り上がった胸を目の当たりにして、これだ!!!俺が欲しいのはこんな胸だ!と思って、サッカー部を退部するほどトレーニングにはまり、毎日学校から帰ってきてジムに行ってはベンチプレスばっかりやっていました。結果として、筋トレばっかりしていたのがいけなかったのか、受験で早稲田大学に落ちてしまいましたが。
話がそれましたが、3ヶ月も毎日のようにベンチプレスばっかりやっていると、大胸筋が発達してくるんですよね、まな板同然の胸が膨らんでくる快感といったらありませんでした。
そんなこんなで胸が出てくると、俺はもしかしたら、筋トレの才能があるんじゃないのかって感違いしてくるんです。胸を発達させられたんだから、他の部位もでかくなるんじゃないかと思って、それからです。全身に目を向けるようになったのは。
ただでさえ時間がないのに、最初から全身満遍なくやると、結果が見えなくて、イライラして筋トレをジム通いを止めちゃうことにつながりかねません。半年、1年と結果が見えなくても辛抱できる方はいいですが、私のようにすぐに結果が欲しくて欲しくてたまらない人が継続するには「結果」しかないんです。
そんな方にお勧めなのは、一部位至上主義。これでいきましょう。でも、できるなら、でっかい筋肉のがいいです。胸、背中の下部、お尻〜膝より上の脚、この3つのどこか一箇所にフォーカスを。私がお勧めするのは断然胸です。胸は鏡で成長が確認しやすいからです。背中とかお尻って確認が難しいですからね〜〜〜。
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ
posted by 小幡聡 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421009803

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。