2015年07月11日

フランス人に学ぶ体重コントロール法

20代の頃の私は本の虫で、毎日最低1冊は本を読んでいましたが、今年に入ってからは全ての情報を英語に一元化することに決め、日本語の本を全く読んでいませんでした。

しかし、昨日33歳を迎え、仕事を5日間も休んだので、ベストセラーと言われる本を2冊買ってきて読んでみました。その1冊が「フランス人は10着しか服を持たない」( http://tinyurl.com/oze88l4 )です。

ダイエットに役に立つことはないかと思って読んでいましたら、

●食事を心から楽しむことで間食を止められる。

●盛り付けに気を配ることで、料理を目でも楽しむことができる。美しい盛合せの料理をガツガツ食べようという気にはそうそうならないはず。その結果、咀嚼回数が増えて早食いが防止される。

●フランス人はよく歩く。マンションの高層階に住んでいてもエレベーターがないみたいなので、階段の上り下りだけで結構な運動になる。フランス人はジムにも通わないのにダイエットに苦労しない。

●毎回の食事は食べたいものを心の底から楽しむ。チーズなどの高脂肪食を食べる時に、アメリカ人なら明日ジムに行かなくちゃという発想になるが、フランス人はならない。食べることに罪悪感を感じない。

まだ3分の1しか読んでないですが、普段の生活を見直すヒント満載の非常におすすめの本です。日本でも50万部を超える売上を達成しているだけあって、読み応えありますよ〜〜〜。


http://ameblo.jp/satoshiobata/

小幡聡
posted by 小幡聡 at 18:42| メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。