2015年06月25日

2ヶ月弱で6kgの減量に成功した私の食事を公開します

たまに聞かれるんです。何を食べたらそんな体になるんですか〜〜〜って。

でも、今の私は、優先順位が体づくりよりも英語の勉強なので、トレーニングはあんまりしておりません。ふとした瞬間に鏡の前で腕に力を入れたり、胸を隆起させたりするくらいです。でも、筋肉なんて、2〜3ヶ月くらいちゃんとトレーニングすれば、発達してくれるので、その点、過去に本気でトレーニングした経験は無駄ではなかったといえます。

ただ、食事だけは高タンパクでやっております。筋肉を少しでも維持するためと、ただいま減量中ということもあります。昨日、糖質は必要ありません、なんて言ってしまいましたが、減量中でもなければ私は糖質を摂ります。野菜を摂ったり、白米を食べます。外食でもラーメン、チャーハンなど、炭水化物まみれです。正直、肉と魚を主とする食事は持ちません、財布がすっからかんになってしまいます。でも先月今月は、ダイエットを頑張る意味もあったので、食費には目をつぶっていました。それでも、月9万円ほどかかっちゃいました。こう見ると多い感じがしますが、1日3食とすると1食1000円くらい。タンパク質を食べていると、外食をしなくてもこのくらいすぐにいっちゃいます。

その代わり、体重が77kg台から71kg台まで落ちました。タニタのヘルスメーターで体内年齢18歳です、来月33歳になる男にしては非常に良い数値です。

前置きはこの辺にして、写真は今日、スーパーで買ってきたものです。アオキスーパーという地域で一番安いスーパーで買いました。

こちらの写真(https://www.facebook.com/best.bodymaking/posts/912805115445408)をご覧いただくととおわかりの通り、私の食事はタンパク質が中心です。野菜もほとんど食べず、プチトマトだけは好きなので糖質を摂っているのを痛感しながら、これくらいはいいと甘やかせています。大会に出場するという目標はなく、ボディビルダーのように毎食鶏の胸肉を食べる精神力はないので、いろんな食材からタンパク質を摂って飽きがこないようにしています。2ヶ月弱で6kgほどの減量をしましたが、ストレスはまっくないです。

カロリー計算もしていません。とにかくタンパク質を摂り、脂肪の摂取は気にしない、現に今日の一回目の食事は、牛肉の冷シャブと穴子とイカとうずらの天ぷらです。
そして、皆が主食にしているご飯やパン、麺などの糖質は筋肉を激しく酷使する時以外は摂らない、これを徹底しました。あっ、週に1回はチートデイを入れて糖質を進んで摂ったことは付け加えておきます。ストレスフリーで1ヶ月に6kgの減量。マジで余裕です。
ライザップなんて行かなくてもトレーニングをしてタンパク質を摂っていればダイエットは余裕ですので、皆さんもタンパク質を意識して摂りましょうね。

食費が持たない方は安いプロテインを活用ください。そうそう、私がスポンサード契約を結んでいるビーレジェンドプロテインから、本日、、、、新フレーバーが出ました。今回は「そんなバナナ」風味だそうで、かなりなめたネーミングです。

そして、発売を記念して、2015年6月30日までは、税込3100円のところ、2790円でお買い上げいただけるとのことです。興味のある方はこの機会にお買い上げくださいませ。
もしお買い上げいただける方は私のブログから。トレーニング雑誌をプレゼントします!!!
http://ameblo.jp/satoshiobata/entry-11361750766.html

LINEをされている方は是非ともご登録ください!!!
>> http://line.me/ti/p/%40emo2461j
posted by 小幡聡 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

糖質は摂らなくてもいい

ダイエットをしている方に特に言いたいことがあります、それは、糖質は体に必要ありませんし、摂らなくても生きていけますので、今日から糖質を摂らない生活にしましょう。
え〜〜〜〜〜!!!
まじ???
と思われたかもしれませんが、紛れもない事実です。
でも、私を含め、庶民には厳しかもしれませんね。どういう意味で厳しいかというと、おそらくエンゲル係数が上がりすぎて生活が破綻しかねないからです。肉と魚を主食にするとえらいことお金がかかりますし、
政府が、ダイエットを必要としている国民に向けて、今日から糖質は摂らなくていいです、と言ったら大混乱が起こりますね。
米を作っている農家は大反対します。ラーメン屋やパン屋も激高しますね。そして、多くの人の生活が破綻します。
だから、政府が糖質を摂らないようにしましょう、なんて絶対に言えないんです。
でも、皆さん、糖質はほとんどの場合を除いて必要ありませんから、摂らなくてもいいですよ。どんなときを除いてかといいますと、筋トレをするときは例外で糖質が必要です。筋トレで必要なエネルギーは糖質に依存しますので。でも、力作業をするとか、ぐっとパワーを入れるようなことをしない人には糖質は必要ないです。
ダイエッターは今日から糖質カットでいきましょう。
そうは言っても、ちょっとくらい摂ってしまいますので、目に見えて糖質だらけだと思うような、米、小麦製品はNGにしましょう。
ダイエットを必要としない人はどうしましょう。食費にそんなにお金をかけられないなら、糖質を取らざるを得ませんね。でも、精製したものをたくさん食べるのは良くないですよ。血糖値を下げるためにすい臓からインシュリンが分泌してくれるうちはいいですが、長いこと砂糖やら白米や精製した小麦を好んで食べて血糖値を上げまくっていると、すい臓がブチ切れて、インシュリンを出してくれなっちゃうかもしれませんよ。そうなったら、毎日注射でインシュリンを打たないといけなくなります。血糖値が上がるのがなぜよくないかと言いますと、血糖値が上がると血管を傷つけるからです。血管を傷つけないように糖質を摂るとインシュリンが分泌されるんです。インシュリンが分泌されなくなったらって考えたら、あんまり糖質をたくさん摂ってられないですよね。
タバコは体に悪いから吸わないって言っている人で、砂糖の入ったドリンクやら、ラーメンやら白米やらパンを好んで食べている人がいたら、タバコよりも体に悪いから止めた方いいよ!!!って忠告してあげてください。
小さいうちから白米を常食としている日本人には考えられない話かもしれませんが、紛れもない事実です。特に肥満と糖尿病は関連性があり、肥満の場合には糖尿病になるリスクがすこぶる上がります。
人間は長いこと糖質を食べる生活を続けてこなかったです。弥生時代に稲作が伝わり、それからです、米を食べるようになったのは。そんなに、体に良くない米と小麦。なぜなくならないんだと思いますか。
それは世界の人口を維持するためなんです。
安価で手間がかからない米や小麦がなくなったら、世界の人口は激減しますね。人間の体には必要ないですが、世界の人口を維持するためには必要。
必要悪ってやつです。
ちょっと今日は調子こいて書きすぎましたが、頭の片隅にでも入れておいていただけますと書いた甲斐があります。


写真は本日一回目の食事。豚の細切れともやし炒め。プチトマトとカッテージチーズです。トマトの糖質が少々気になりますが、ライザップの生徒じゃないので良しとします 笑

写真:http://ameblo.jp/satoshiobata/image-12042654255-13346624392.html
posted by 小幡聡 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

タンパク質ダイエット

私の食事は偏っています。食べる基準は、タンパク質がたくさん入っているか、これにつきます。糖質と脂質は積極的に食べないようにしていますが、味付けをするとき、例えば大好きなヨシダソースで味付けをするときにも糖質は取りますし、例えばステーキを焼くときなんかに、ちょっとフライパンに油をひきますので、どうしても糖質と脂質をゼロにすることはできないです。

ではなぜ、私がタンパク質をこれほどまに摂っているのかといいますと、なるべく筋肉を落とさずにダイエットをしたいからであります。ダイエット中って空腹になることが多く、筋肉が分解されてエネルギーにされちゃいます。それを防ぐためのタンパク質です。

あとですね、タンパク質でダイエットをしています。

ん???と思った方、書き方が悪かったですね。タンパク質って身体に入れると、消化吸収に多大なエネルギーがいるんですよね。糖質とか脂質よりもエネルギーがいるんですよ。糖質のみ摂取した場合は摂取カロリーの6%、脂質のみだと4%が燃焼されるんですけど、タンパク質はすごいですよ、なんと30%!!!。つまり、1000kcalのタンパク質の塊の肉を食べると、300kcal燃焼してくれるんです。だから、私はこれを、タンパク質でダイエットをしている、と表現したんです。300kcalもカロリーを消費するために有酸素運動をしたら、どれだけかかりますか?でもタンパク質の塊を食べれば勝手に消費してくれます。時間の節約にもなるのでお勧めです。

だから、肉だけ食べていれば痩せるんです。食べて痩せるというダイエット法を誰かが紹介していたら、タンパク質を食べるってことです。

ライザップでも吉川メソッドでも、2ヶ月で劇的に身体を変えるプライベートジムの方針も、炭水化物は摂るな、とにかく肉を食え!だと思います。

写真は私の本日一回目の食事ですが、イカ200gとカッテージチーズ200gでたんぱく質は70gほど摂れました。
食事でタンパク質が摂れないよ〜〜〜と嘆いている方は、絶対に絶対に絶対にプロテインを飲んでください。私のブログからご購入いただいた場合はトレーニング雑誌をプレゼント差し上げます。
http://ameblo.jp/satoshiobata/entry-11361750766.html
posted by 小幡聡 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

食べ放題の活用法

東京や大阪には立ち食いステーキ専門店があるのに、なぜか、名古屋だけは素通りされて、名古屋在住のフィジーク選手に名古屋に立ち食いのステーキ店はありますか???って聞いたら、エイジング肉を扱う値段の張る店はあるけど、財布に優しい店はないっすよ〜〜〜と返答が返ってきたので、そうだよな〜〜〜と思って、家から車で15分くらいのところにある「すたみな太郎」に行ってきました。1978年創業の結構息の長い食べ放題のお店です。店舗によって値段は違うんですが、私が住んでいる愛知県岡崎市の店舗は平日ランチ90分制で税込1214円でした。これだけ安いと内容がビミョーだと思っていまして、しかも、今日が初すたみな太郎なので、ちょっとドキドキしていました。案の定、値段相応って感じでしたが、すたみな太郎に来た目的は、タンパク質を摂取することでしたので、牛肉をそれこそ、腹がはち切れそうになるまで食いまくりました。もちろん、脂身はハサミで丁寧に除去しました。牛肉、豚肉、豚タン、イカを焼いて食べ、つまみにはキムチ、枝豆、ブロッコリー、わかめをチョイス。終盤に差し掛かってきて、肉を持ってきすぎて完食できないのではないかと焦り、肉を胃に流し込むために水を10回以上おかわりしました。他の客は、寿司を食べたり、揚げ物などの加工食品を食べたり、デザートを食べたりと、食べたいものを食べたいだけ食べていましたが、私はとにかくタンパク質です。一度の食事で200gくらい摂取してしまいました。でも、カロリーはお腹がパンパンになりましたが、1200kcalくらいだったと思います。炭水化物をあまり摂取していないので、食後も血糖値は安定し、意識は冴え渡っています。皆さんも、食べ放題に行ったら、ここぞとばかりにタンパク質を摂りまくりましょう。一度に大量のタンパク質を摂っても吸収されないから意味ナッシングなんて言われますが、世界的に有名なある男性フィットネスモデルは、一日一食で惚れ惚れするほどの身体を維持しています。だから、一度に大量のタンパク質を摂っても問題ないんじゃないのかなあなんて思っています。食べ放題でも肉は高価なので、肉だけ食べていれば、食べ放題の利用価値はあると感じました。

皆さまの応援が私の活力の元です。クリックしていただけると、大変励みになります。
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ
posted by 小幡聡 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

甘いものがどうしても欲しくなるときには

ダイエット(減量)中でも甘いものが欲しくなるときってありますよね。我慢できればいいんですが、ちょっとならいいだろうと思って砂糖まみれの甘いものを口にすれば、グルコーススパイクによって低血糖を生じ、強烈な空腹が襲ってきます。
そこで、糖質を抑えたプロテインスイーツ、こいつを作り置きしておいて、どうしても甘いものが欲しくなったときに食べるってのも手かなあと思います。
なんでこんなことを今日書いたかといいますと、プロテイン料理研究科の山崎志保先生が明後日23日にプロテイン・ダイエットレシピという本を商業出版されるからです。
プロテインに日の目が当たってきたのかと思って嬉しく思いました。
志保先生にはお会いしたことはないですが、7年くらい前からmixiでマイミク関係で何度となくやり取りをしたことがあります。
私もこの本に興味が湧いて今朝アマゾンから注文しました。皆さんも、プロテインを使ったスイーツや料理の数々をこの本を参考にして作ってみませんか。


posted by 小幡聡 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。