2014年12月15日

諦めが肝心

もう二週間もすれば長期休みが待っているので、仕事に精が出ている方も多いのではないでしょうか。それとも、忘年会や新年会が楽しみだから仕事もひと頑張りするかといった具合でしょうか。財布は軽くなるのに、身体は重くなるという大変な時期ではありますが、この期に及んでは、ダイエットなどせずに楽しんでください。って、どれだけでも食べていいのかよっといったら否です。体重が増えるのは当たり前、だけど、増量分は1kgまでに留める、こういった心持ちで体重は1kgまで増えてもいいやと諦観することで、さほど体重は増えないと思います。食べ過ぎないようにしなきゃしなきゃと思っていると、ストレスがたまって歯止めが効かなくなって、気づいたら2kg、3kg増えてしまったってことになっちゃうかもしれないので、1kgの増量はOKにして、年末年始を楽しんでください!1kgの増量分ならすぐに取り戻せます。
posted by 小幡聡 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

ご褒美は後か先か

ボディビルダーの方が、1週間のうちの6日を減量食で耐え抜き、残りの1日は好きなものを適度に食べるチートデーというご褒美日を設けて辛い減量に励んでいらっしゃるのと同様に、

我々一般トレーニーも、体重が3kg減ったらご褒美に何かを食べるとか、ジムで使うウエアやシューズを新調するなどして、トレーニングに励むことが多いですが、

私は目標を達成したら何か特別な物を食べるとか買うとかではなくて、何にも目標を達成していないのに好きなものや欲しいものを買います。

そして、昨日シャトーブリアンを食べたから1か月トレーニングを頑張ろう、新しいトレーニングシューズを買ったから、ボロボロになるまでジムに通おうと決意を新たにします。

どっちが正解、どっちが不正解もありません。

自分が頑張れそうな方を選んで、実行に移したほうがいいです。

一般的には目標を達成したらご褒美に〇〇を買う、食べるなどをする方が多いですが、私は逆のようです。

昨日も腹筋を鍛えるためにアブマットというものをアイアンマン&ゴールドジムショップで買ってしまいました。

割れた腹筋なんて当たり前、腹筋の溝に指を這わせると指がすっぽりと隠れるくらいの深さを手に入れるぞと決意を新たにしました。

いまいちやる気が出ない場合には、ご褒美を最初に与えてしまいましょう。やる気が沸々と沸き起こるかもしれませんよ。


アメブロは画像付きです
http://ameblo.jp/satoshiobata/entry-11938829692.html
posted by 小幡聡 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

ダンベルを購入する際の注意点

自宅で筋トレをする人がまず揃えるだろうと思われる物の筆頭にダンベルがあげられますので、今回は、ダンベルを購入する際のポイントをまとめておきます。

1:固定式にするのか重さを変えられるものにするのか。

2:固定式なら何キロものにするのか、重さを変えられるものにするなら、何キロまで扱えるものにするのか。購入の際には、2つで1セットの場合もありますが、ネットで注文する際に数量を1にすると、片方のダンベルしか届かないこともありますので、よくご確認ください。

3:ラバーで覆われたダンベルにするのか、金属がむき出しのもにするのか。ラバーで覆われたダンベルは床を傷つけない反面、ゴム臭が強烈な場合がございます。金属むき出しのものは、臭いは気にならないものの、床に落とすと床を傷つけることもありますし、メッキ加工などが施されていない安価なものを購入すると錆が床につくこともあります。ゴム臭があまり気にならないダンベルとして、最高級ダンベルとの呼び声が高いIVANKO製がございます。

4:今回私が一番お伝えしたかったのが4番です。それは、プレートを支えるバーを、ノーマルバーにするのか、スクリューバーにするのかということです。ノーマルバーの良いところはダンベルの取り換えを素早く行える半面、何かの拍子にネジが緩むと、プレートとカラー(プレートを固定するパーツ)が床に落っこちてしまうこともあります。一方のスクリューバーは、カラーを回転させないといけないので、着脱に少々時間がかかる反面、少し緩んだくらいでは落ちることはないので、安全性はノーマルバーよりも格段に高いです。

着脱式のダンベルを購入される機会がございましたら、そのダンベルがノーマルバーなのか、はたまたスクリューバーなのかをご確認の上、お求めてくださいませ。


アメブロは画像付きです
http://ameblo.jp/satoshiobata/entry-11938536075.html
posted by 小幡聡 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

公共のジムのスペック

私が住んでいる愛知県岡崎市には、公共のトレーニング施設が3つあります。

一つは室内プールやスタジオを併設した民間のスポーツ施設顔負けの「元気館」。あとの2つは体育館内のトレーニング室です。

利用料は元気館が1回410円、体育館は岡崎中央総合公園体育館(以下、中総体育館)のトレーニング室が310円、岡崎市体育館のトレーニング室が200円です。

市営の施設なのに値段がなぜ違うのかといいますと、施設の充実度に比例しているようです。元気館は410円でプールもジムも利用できます。スタジオレッスンは、その都度500円くらい支払うシステムか、月会費のレッスンもあるようです。ロッカーやシャワールームも無料で利用できますが、シャワールームにはシャンプーやボディソープの類は一切置いてないです。ジム内には常時2〜3名のスタッフがいてマシーンの使い方等を教えてくれ、バーベルスクワットやバーベルベンチプレスのできるフリーウエイトもあり、IVANKO製のダンベルも24kg程度まであったように記憶しています。

中総体育館は310円です。ダンベルは1〜10kgまでしかありません。
バーベルはないのでバーベルスクワットとバーベルベンチプレスはありません。スタッフは常時2〜3名います。ロッカーとシャワーは無料ですが、ロッカーは狭いです。シャワーは一つしかありません。ジムマシーンも老朽化がなはだしいですが、壊れているマシーンはありませんでした。

最後は一番安い岡ア市体育館です。ここはひどいです。トレーニング室にスタッフが一人もいませんので、マナーの悪い利用者がいたらたまりません。その代わり、事務所といつでも連絡を取るための電話はあります。ロッカーは20円で利用できますが、間口が30cm四方で奥行もあまりないため、リュックサックをねじ込むのに苦労しました。シャワーは一台稼働していましたが、利用に100円入ります。受付で利用料200円を払うと領収書代わりの薄っぺらい紙を渡してくれるので、トレーニング中それを持参している必要があります。たまにスタッフが見回りに来て領収書の提示をお願いすることがあると言われましたが、私が利用している間には一度もスタッフは来ませんでした。ただ、トレーニングを終える頃にトレーニング室内をキョロキョロ見回していたら、防犯カメラを見つけました。それで室内の様子を別室で確認できるようにはなっているようです。器具は50年物かと思うくらいにぼろく、使い方がわからなかったので、ダンベルトレーニングだけにとどめておきました。スクワットもベンチプレスもできますが、かなり年季が入っていて、昭和を感じさせました。

と、私が住んでいる愛知県岡崎市における公共のジムのスペックをご紹介しました。とにかく安い反面、混み合っている時に行くと、それこそ、真夏の時期の民間のプール状態です。利用者が多くてストレスがたまります。1か月会員になると元気館で4000円、中総体育館で3000円、岡崎市体育館で2000円くらいです。

皆さんがお住まいの地域にも公共のトレーニング施設があると思いますので、一度見学に行って、利用するに値すると思われたら利用されてみてはいかがでしょうか。スタッフの方に、比較的空いている曜日や時間帯があれば教えてもらうといいでしょう。ただ、体育館に併設しているトレーニング施設だと、体育館で競技会等のイベントがあると駐車場が満車になるので、スケジュールを確認して行ったほうがいいです。私がこないだ行った岡崎市体育館のトレーニング室前には駐車場の混み具合予想が書かれた立て看板がありました。




写真付き記事はこちらから
http://ameblo.jp/satoshiobata/entry-11937837189.html
posted by 小幡聡 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

体脂肪率を正確に測ることはできません

タニタのヘルスメーターをアスリートモードから通常モードに変えて体脂肪率を測ったら、もちろん体重は変わりませんでしたが、体脂肪率が8%も増えてしまいました。

説明書には、アスリートモードを選択する際に、18才以上で次の条件を一つは満たす必要があると明記されていました。

・1週間に12時間以上のトレーニングを行っている方
・体育会やスポーツ実業団に所属し、競技会等を目指している方
・プロスポーツ選手
・ボディビルダーのように、筋肉量が多くなるようなトレーニングを行っている方

タニタによりますと、上記に該当する方は、日々のトレーニングにより、一般成人に比べ、筋肉量も多く、骨格も太いという傾向がみられます。また、筋肉に含まれる水分量もトレーニングによって一般成人とは異なっていると考えられています。
よって、本機で体脂肪率の測定を行う場合、一般成人とアスリートモードでは身体組成の違いから、測定されるインピーダンス(電気抵抗)が異るため、一般成人とは別の専用の測定モードを使用して測定を行ってください、とのことですが、

私はボディビルダーのようなハードなトレーニングを行っていないので、通常モードが良いのか、少しは筋肥大を狙ってトレーニングをしているので、アスリートモードで測るのが良いのかよくわからないですし、12時間以上のトレーニングを行っている人でも、1週間に12時間歩いた人はアスリートモードにしていいんでしょうかね、プロスポーツ選手といっても、ガリガリのスポーツ選手からムキムキのスポーツ選手までもがアスリートモードで計測すれば近似値が出るんでしょうか。

まったくもってよくわからないので、体脂肪率の推移の目安に使うのが良いかと思いました。ベストボディジャパン名古屋大会ゴールドクラスで優勝された大町哲也さんは、大会前の体脂肪率が一番低い状態で、手で握って計測するタイプだと5%未満、足と手で計るのだと13%くらい、私のヘルスメーターみたいに足だけ乗せるタイプだと17%くらいだったそうです。市販のヘルスメーターはいい加減すぎますので、数値を信用しないようにしましょう。

そもそも、現在の科学で体脂肪率を正確に測れる道具は存在しません。比較的正確に測れる方法として、水中体重秤量法、空気置換法、二重エネルギーX線吸収法などがありますが、いずれも完全ではありません。
posted by 小幡聡 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。